All posts by user1

グロッシー クリーナー

glossy-cleaner

購入はこちらから


金属もプラスチックもなんでもござれ!

金属もプラスチックもガラスもオールインワンで使えるのは便利ですよね。

家庭でもキッチンやお風呂、トイレ、窓など使えるものは広いです。

車やバイクなどの乗り物にもつかえるので中でも外でもる変えるのが利点です。

他にも金属に使えるから、金や銀、のアクセサリーもピカピカにできるし、

真鍮などのお仏壇にも使える本当に幅広く、便利な商品です!!

さらには、シリコンコーティング剤も含まれてるから、

磨きながら防錆対策もできちゃうので手間が減りますね♪

ただし、メッキや塗装しているところに使用すると、研磨剤入りなのではがれてしまうかのうせいがあるので注意してください!

しかし、クリームタイプなのでスプレータイプの防錆剤のように飛び散らないので、

圧倒的に使いやすいです!!

販売直後より人気高騰中につき、

品切れの御免とさせていただきます…m(_ _)m

こんなところに使えます

 

磨いた後に、シリコンコーティングを形成するから、

ピカピカが持続!!

〈なぜ、車のヘッドライトは黄ばむのか??〉

新車の時は、ヘッドライトもボディ同様ピカピカですよね。
しかし、年数を経るにつれてその輝きも減り、白く曇ってきたり、黄ばんでくることがあります。

車のボディなら、定期的に洗車をして、ワックスをかけて・・・とマメにお手入れされている方も多いと思います。

しかし、なかなかお手入れする機会のないヘッドライトは、そのまま放置されていることも。

でも、そのヘッドライトの黄ばみや曇りを放っておくと、せっかくの愛車が年数以上に古く見えてしまうのです。

〈そもそもヘッドライドの素材は?〉

最近の車のヘッドライトには『ポリカーボネイト』という樹脂素材が使われています。

1990年代頃までは、ヘッドライドにはガラスが使用されていました。

当時使用されていたガラスのヘッドライトは、白く曇ったり黄ばんだりということはなかったのです。

でも、ガラスのヘッドライトにはいくつかの問題点がありました。
問題点の一つ目は、ガラスの飛散です。
事故で、ヘッドライトをぶつけてしまったり、飛び石により割れたり、こすってしまったり・・・。
そんな時に、ガラスのヘッドライトでは想像以上に飛び散ってしまいます。
また、飛び散ったガラスで二次被害が起こる可能性もあります。

二つ目は、デザイン的な問題です。
最近の車のヘッドライトは、とても個性的になっています。
そこで、ガラスよりもより加工しやすい樹脂が重宝されるようになったのです。

三つめは、重さとコストの問題です。
エコカーが人気の昨今、少しでも軽く燃費の良い車が求められます。
ガラスよりも、軽量でコストダウンできる樹脂素材が主流となったのも納得できます。

〈ポリカーボネイトって?〉

ポリカーボネイトは、プラスチック素材の中でも『衝撃に強い』という特性があります。
また、熱にも強く、軽量で加工性も高く、精密な成形も可能となります。
それでいて、コストはガラスよりも安い。

いいことだらけの様に思える樹脂素材ですが、もちろん欠点もあります。
それは経年劣化とともに曇ったり、黄ばんでしまう点です。

〈樹脂性のヘッドライトが黄ばむ理由〉

樹脂素材のヘッドライトが黄ばむ理由はいくつかありますが、主に紫外線の影響とヘッドライトにできる細かな傷です。

耐久性や耐熱性にも優れる樹脂素材ですが、紫外線の影響を受やすいのです。
もちろん、紫外線対策としてヘッドライトには特殊なコーティング塗装がされています。
しかし、長時間紫外線にさらされたり、洗車などでこすられたりすることで、徐々にこのコーティングがはがれてしまうのです。

また、ヘッドライトは洗車時にこすられたり、走行時に小石やごみなどが当たりやすい場所にあります。
それにより、ヘッドライトに細かい傷ができます。
その細かい傷に汚れが入り込み汚れが定着して、黄ばみや曇りを生み出します。

〈ヘッドライトが黄ばむことで生じる問題点〉

上記でも述べたように、ヘッドライトが黄ばむと見た目にもとても古い車に見えてしまいます。

また、またライトが暗くなるので、夜の運転に支障をきたすことも考えられます。

〈ヘッドライトの磨き方は?〉

まずは、ヘッドライトを水洗いして表面についた汚れを落とします。
目には見えにくい小さな砂でも残っていると、ヘッドライトに傷をつけてしまうことがあるので注意が必要です。

次に、ホームセンターなどで売られている耐水ペーパーを使って、表面を削っていきます。
この時、やすりの目が粗い物から細かいものへと進めていきます。この時、水を切らさずに作業を行いましょう。
更に、コンパウンドを使ってヘッドライトを磨き上げていきます。

黄ばみが取れたら、ヘッドライトの表面にコーティングします。これで、きれいなヘッドライトが長持ちするのです。

〈グロッシークリーナーなら研磨剤×コーティング剤〉

対して弊社のグロッシークリーナーは、研磨剤入りなので普通の布で大丈夫です。さらに、シリコンコーティングによって、キレイを長持ちさせます。

お手軽に、効果も高いのがグロッシークリーナーの特徴です!!

<スタッフが実際に使ってみました!!>

これは楽しくなっちゃって、磨きすぎ注意です…(笑)

中古で買った車が買った時より輝いてしまいました。
実家の父にも勧めたらすぐに3個セットを購入していました^^

同僚にも、あれ?また同じ車買ったの?って言われちゃいました(笑)

ピカピカの車は気持ちがいいですね!!

せっかくだから実家の中で使ってみました。

鏡の湯垢も無くなって自分の笑顔がまぶしく映りました(笑)

シンクもピカピカにしたら母が大喜びしてくれました!!

毎日たくさん注文が入っているので、品切れの際は申し訳ございません…

使用上の注意

グロッシークリーナーは研磨剤入りですので、材質によっては傷つく可能性があります。まず、目立たないところで試し磨きをしてから全体にご利用ください。

可燃性物質を含みますので、高温や直射日光下に置かない、また本液を塗布した状態で5分以上放置あるいは乾燥させないようにいて下さい。

 

購入はこちらから

作業着の染みや部分汚れに 染み抜き名人(大容量1L)最強洗剤

siminukimeijin

作業着・つなぎの落ちにくいシミ・部分汚れに「染み抜き名人」

 


作業着の染み汚れには最強洗剤を

機械油のシミは酵素パワーでは落ちません
特に機械油の油染み、油汚れは落としにくいです。作業着には作業着専用洗剤を使いましょう
染み抜き名人は作業着の油汚れや油染み抜きのために開発されました。最強の染み抜き洗剤です。
価格アルカリ性の2つの強力な液体が1本になりました
よく混ぜて油汚れや染みにスプレーし、使用してください
染み抜き名人の詰替え用もあります
価格

毎日の作業着洗いには「最強洗士」(作業着の洗濯用洗剤です)

ラベル

最強洗士通販価格

価格

作業着の部分汚れ専用 強力洗剤「染み抜き名人」の特徴

 

  • 洗濯洗剤『最強洗士』を強力にサポート!部分汚れを集中的に落とします。
  • 2種類の強力洗浄成分がこれ1本に!※よく混ぜてからご使用ください。
  • 青色の液体成分が機械油・グリース汚れなどガンコな汚れ・シミを引き剥がし、透明な洗浄成分がすみずみまで行きわたらせる!!
  • 安価な洗浄成分は使いません。しっかりとシミを落とす洗浄成分だけを選び抜きました!

 

的場文男ファンが洗濯洗剤の威力を確かめた動画(フルver.)です!↓

1分でまとめた動画(ショートver.)です!↓

動画まとめ
動画まとめ

用途 作業服・厨房着用液体洗濯洗剤 部分汚れ用 スポット洗浄
内容量 1L(スプレー式)
成分含有量 ■青色液体層:非イオン界面活性剤40%~50%、グリコールエーテル系溶剤、香料、■染料・透明液体層:分散剤、アルカリ剤、精製水
特性(PH) 青色液体(中性)・・・6~8 / 透明液体(弱アルカリ性)・・・9~11 ※無蛍光・無リン
使用方法 1箇所の汚れ100平方センチメートル(10cmX10cm)につき数回スプレーしてください。


→整備工場、板金工場、機械工場、工事現場、鉄工所、などで働く方におススメです!


→飲食店、厨房、美容室、理容室、エステなどで働く方にも大変ご好評いただいております!

価格表1
価格表2

かわいい整備士さん

仕事でも洗濯でもプロになる!
ひと手間かければ仕上がりが違います!

どんな仕事でも、ひと手間加えるだけで仕上がりが違ってきますよね。
それはお洗濯も一緒です。

知れば知るほど洗濯が楽しくなって、染み抜きが趣味になるかもしれませんよ。
なかなか落ちないガンコな油汚れや染み、作業着汚れも楽しく落としちゃいましょう。

どんな洗剤(洗浄成分)にも得意・不得意な汚れ、
いわば相性があります

それは化学反応の力を利用して汚れを浮き上がらせたり、分解をするから。

学生時代、化学が一番好きでしたッ!という方は、ぜひセスキ炭酸ソーダや過炭酸ナトリウムなどを利用して化学反応を楽しみながら染み抜きに挑戦してみてはいかがでしょうか。

化学は苦手ッ!という方は、市販の洗剤を併用して染み抜きに挑戦しましょう。

一番簡単でオススメできるのは、特定の汚れに特化した洗剤を使い分けること。
作業着には作業着特有の汚れに特化した洗剤を選ぶのがベストです。

作業着の汚れ・・・それはおもに機械油汚れ。では、機械油とは何なのでしょうか?

機械油と一言でいっても種類は多種多様

機械油って、実は鉱物油(石油系)だったり、合成油だったり、植物油や動物油のものだったり・・・と様々な種類があるんです。

そもそも機械油とは、機械装置に利用される油全般のこと。
工場で使う潤滑油もエンジンオイルもすべて機械油の仲間です。範囲がとても広いですよね。

比較的落としやすい機械油汚れもあれば、強固な染みとなってなかなか落ちない機械油もあります。

なかでもグリース(またはグリス)は、粘度が高く、常温では半固体状になるため、手ごわいガンコ汚れや落ちないシミになりやすいのです。
サラサラした機械油は比較的落としやすいですが、グリースのようにネットリとした機械油はひと手間が必須ですよ。

「機械油とは」まとめ

  • 機械装置に利用される油全般のこと
  • 潤滑油・防錆・洗浄・絶縁などの役割で使用される
  • エンジンオイルも機械油
  • 鉱物油・合成油・植物油や動物油のものもあり

染み抜きや油汚れの落とし方レシピ

汚れた作業服のシミを劇的にキレイにする方法
(当店がおススメする染み抜き方法を伝授!)

簡単!洗濯レシピ~材料~

  • 機械油で汚れた作業着や軍手
  • お湯(50℃くらい)
  • 作業着専用洗濯洗剤「最強洗士」
  • 部分汚れ用「染み抜き名人」
  • バケツ
  • ゴム手袋

機械油を効率よく落とすには、水よりお湯でお洗濯することがポイントです。
特に作業服にこびりついた機械油汚れは、50~60℃くらいで溶け始めます。
これは油汚れを落としやすくしてくれる温度ですのでぜひ覚えておいてください。
さらにお湯だと洗剤の洗浄力を最大限に発揮できますので、油汚れをキレイに落としてくれます。
ちょっと手間はかかりますが、その分汚れやシミが格段にキレイになる落とし方です。

ステップ1.バケツに40℃から50℃くらいのお湯を入れます。

温度が高めの方が油汚れは落としやすくなります。※火傷に注意

ステップ2.作業着専用洗濯洗剤「最強洗士」をキャップ1杯程度入れ、軽く撹拌します。

(洗剤はお湯の量や汚れ具合に合わせて調整してください。)

※弱アルカリ性です。素手で触れず、ゴム手袋をしましょう

ステップ3.ひどい油汚れの箇所には、「部分汚れ用 染み抜き名人」をまんべんなくスプレーしてください。

ステップ4.汚れた作業着をお湯に漬け、軽くモミ洗いをします。

あとはそのまま10分~30分ほど漬け置きします。

一度作業着をお湯から出して確認します。油汚れが落ちているようならそのまま洗濯機に入れます。

ひどい汚れの場合は、再度モミ洗いや部分洗いをして漬け置き時間を長めにしましょう。

※それでも落ちない油汚れなら、洗剤の力に物理的な力を加えてあげましょう。

使い古しの歯ブラシやささら(竹串を束ねたもの)でこすってみてください。

ステップ5.あとは普通に洗濯するだけ。

バケツに残ったお湯があまり汚れていなければ洗濯機に入れてしまいましょう。

(真っ黒になっていたら新しいお湯で洗濯した方がいいです)

※温水で洗える場合は、温水洗濯がおすすめです。

ちなみにドライクリーニングのドライとは?

水の代わりに工業ガソリンなどの有機溶剤を使って洗濯することをドライクリーニングと呼びます。シミ抜きにも有機溶剤のベンジンが使用されています。

ベンジンとベンゼンは似てるけど違う。
発がん性があるのはベンゼン。

昔からシミ抜きに使われてきたのはベンジン、昨今、豊洲の地下水から出たのはベンゼン。
ベンゼンはDNAを損傷させ、癌や白血病を引き起こす原因となります。

かつて健康ドリンクや清涼飲料水からも基準値以上のベンゼンが検出され、回収騒ぎになったことがあります。
原材料に使われた(香料)安息香酸Naと(酸化防止剤)アスコルビン酸※ビタミンC が化学反応を起こしてドリンク内でベンゼンを発生させていたのです。

安息香酸+ビタミンC系の組み合わせは、健康ドリンクや清涼飲料水、缶酎ハイにもよく見かけますが、基準値以下であれば多少ベンゼンが発生しても問題ないとされています。(日本の法律です

少量でもベンゼンを飲んでるかと思うとなんだか気持ち悪いですけどね・・・。
というベンゼンとベンジンのお話でした。

価格表1
価格表2